Home » 「おくすりバッグ」運動について

「おくすりバッグ」運動についてようこそ! 西予市立野村病院のホームページへ

おくすりバッグ「おくすりバッグ」運動とは、薬剤師が中心となって、患者さんが日常的に服用している処方薬、OTC薬、サプリメントなどの副作用や相互作用などの問題をチェックするプログラムです。

1990年代にアメリカで、茶色の紙袋に薬を入れて薬局に持ってくるように働きかけたことから「ブラウンバッグ運動」と名付けられました。患者さんの健康増進や安全に本当に役立つのかなど、「かかりつけ薬剤師」の役割を考えるために西予市立野村病院でも薬剤師が連携・協同して、この活動を広めていきたいと考えています。

日本薬剤師会も、「ゲット・ジ・アンサーズ」運動の一部として支援を受けている活動で、愛媛県薬剤師会・愛媛県病院薬剤師会が企画した「おくすりバッグ」運動です。

「おくすりバッグ」運動では、日常的に服用している処方薬、OTC 薬、サプリメントなどを薬局に持参して戴きます。そして薬剤師がチェック用紙に基づいてその内容を確認し、不適切な使い方や飲み合わせの問題などがある際には、それを患者さんに伝えて適切な服薬指導を行うものです。服用しやすさを追求した剤形変更や1回分ずつまとめる一包化も進めてまいります。

おくすりバッグのパンフレット

そして一歩進み、処方を行った医師や他の薬剤師との連携も含めて、地域医療における薬物治療の適正化に役立てていきたいと考えています。
 

残薬問題や薬の整理だけが目的ではなく、むしろ「おくすりバッグ」運動はコミュニケーション手段と考えています。副作用、医師には言えないノンコンプライアンス等を発見するツールであることも目的としております。

 

おくすりバッグで薬チェックを!
おくすりバッグのパンフレット
印刷用(PDF:522KB)

ページトップへ戻る

西予市からのお知らせ

公開済み 記事一覧

Copyright(c)2013 Seiyo Municipal Nomura Hospital. All Rights Reserved.