Home » 病院紹介 » 自治体優良病院表彰

自治体優良病院表彰ようこそ! 西予市立野村病院のホームページへ

全国自治体優良病院表彰 総務大臣表彰を受けました (H18.5.25)

 当院は、昭和52年から病院群輪番制に参加し、地域における救急医療を担っており、また愛媛県へき地医療拠点病院の指定を受け、3ヶ所の診療所に対し医師派遣を行っています。

 その他にも訪問診療・訪問看護・各種検診・糖尿病教室といった健康教室の開催といった、地域医療等確保への貢献を認められ、平成18年度全国自治体立優良病院として、前年度(平成17年度)の両会長表彰に引き続き、総務大臣表彰を受けました。

表彰状

 

全国自治体優良病院表彰 総務大臣表彰とは…?

 自治体立優良病院総務大臣表彰は、自治体立の病院で、地域医療の確保に重要な役割を果たしており、かつ、経営の健全性が確保されている病院を表彰するため、昭和61年度に設けられた(当時は自治大臣表彰)ものであり、毎年1回実施しているものです(今年度は第19回)。

 受賞病院は、全国自治体病院開設者協議会会長並びに全国自治体病院協議会会長から推薦のあった病院について、経営の健全性、経営努力の状況及び地域医療に果たしている役割を総合的に判断し、決定したものです。

 

選考基準

・主体…
 全国自治体病院開設者協議会
 社団法人 全国自治体病院協議会

・全国自治体病院開設者協議会と社団法人全国自治体病院協議会は、申請があった病院について一般病院と結核及び精神の病院に分け、さらに一般病院については病床規模別(20床~199床、200床~399床、400床以上)に分類し、それぞれから次の要領により優良病院としてふさわしい病院として認められた病院を選ぶものとする。

◆自治体立優良病院は、次の基準に合致している病院とする。

◇経営の健全性が確保されており、そのうえ、地域医療の確保に重要な役割を果たしていること。

◇具体的には上記の趣旨をふまえた上で、病院から提出された調書により、経営努力の成果がみられ、その結果表彰年度の前々年度以前5カ年間の各年度において収支の均衡が図られ(前年度においても収支の均衡が見込まれること)、表彰年度の前々年度において不良債務及び累積欠損金がなく、自治体病院比較経営診断表においても高い評価が得られていること。

・総務大臣被表彰病院として推薦する病院は、既に両会長の表彰をうけた病院で、再度総務大臣の表彰をうけるにふさわしい病院として推薦があった病院の中から選ぶものとする。

 

ページトップへ戻る

西予市からのお知らせ

公開済み 記事一覧

Copyright(c)2013 Seiyo Municipal Nomura Hospital. All Rights Reserved.