Home » 病院紹介 » AEDについて

AEDについてようこそ! 西予市立野村病院のホームページへ

AEDとは

Automated External Defibrillatorの頭文字をとったもので、日本語訳は自動体外式除細動器といいます。小型の器械で、体外(裸の胸の上)に貼った電極のついたパッドから自動的に心臓の状態を判断します。もし心室細動という不整脈(心臓が細かくブルブルふるえていて、血液を全身に送ることができない状態)を起こしていれば、強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えること(電気ショック)で、心臓の状態を正常に戻す機能を持っています。 器械の電源を入れれば音声が使い方を順に指示してくれるので、誰でもこの器械を使って救命することができます。
AED1

従来は、使用は医師に限定されていましたが、厚生労働省は2003年(平成15)4月から救急救命士、さらに2004年7月からは一般人の使用を認めました。空港や駅、集会場やスポーツ施設などに設置が進み、医療・消防機関を除いた施設のAEDだけで2008年末には約15万台になっているようです。
AED

当院では1F事務所に設置しております。

AED Map
 

ページトップへ戻る

西予市からのお知らせ

公開済み 記事一覧

Copyright(c)2013 Seiyo Municipal Nomura Hospital. All Rights Reserved.