Home » 病院紹介 » サテライトセンター

サテライトセンターようこそ! 西予市立野村病院のホームページへ

サテライトセンターって…?

 将来、地域医療に貢献できる医師を養成するために、早期から現場での実習を行い、そのことが地域医療に携わる動機づけになることを目的として、県からの寄附により平成21年1月「地域医療学講座」が設置されました。
 
 愛媛大学医学部に本講座が設置されるとともに、活動拠点としてへき地にある公立病院に「地域サテライトセンター」が立ち上げられ、その活動拠点として、西予市立野村病院と久万高原町立病院が選ばれました。
 
 本講座では、「地域に生き」、「地域で働く」医師を「地域を舞台に育てる」を合い言葉に、地域地域に根付いた教育と研究、そして医療支援活動を行っています。

satellite

 

地域医療学講座関連リンク

 

地域医療学講座ホームページ 愛媛大学大学院 医学系研究科 地域医療学講座の公式ホームページ
川本教授のブログ 川本教授の公式ブログ
研修後記 研修を終えた研修医の皆さんの感想や考えなどを公開しています。
PhotoGraph 研修の様子などの写真を公開しています。

 

地域医療学講座による地域医療への取り組み (概要図)

 

satellite_model

 

どんなことをしているの…?

 愛媛大学医学部5年生の全学生が、5月中旬から2カ所のサテライトセンターで実習を開始します。
 
 学生は各施設に2~3名ずつ、月曜日から金曜日にかけ泊まり込みで、外来・病棟・介護実習、診療所、コメディカル体験、訪問診療・看護、健康教室等々… スケジュールに沿って実習を行っています。
 
 ほかに、6年生を対象としたクリニカルクラークシップとして、また、地域枠で入学した1年生の早期体験実習も行っています。

 

地域医療学講座の設置について (旧 愛大学長のブログより引用)

 愛媛県の寄附により医学部に地域医療学講座を開設することになり、県庁で「寄附講座の設置に関する協定書」の調印式がありました。
 
 本学と愛媛県は、平成17年4月に、地域の活性化・人材育成等を目的とした連携協定を締結しており、この寄附講座は、連携推進会議での合意を受けて、来年1月から4年3ヶ月間設置することになりました。
 
 全国的に医師不足が深刻化し、地域医療は様々な課題を抱え込んでいます。医療人の養成は、連携推進会議でも数年前から重要な課題として検討をしてきました。

 本日、寄附講座の設置という成果を得られたことはこの上ない喜びであり、加戸知事始め皆様のご理解とご支援に心から感謝しています。

 加戸知事から「愛媛大学の協力により、愛媛の医療の未来に展望が開けた」とのお言葉をいただきましたが、本学としても人材育成・地域医療の発展等を目指して様々な対策を講じ、地域に貢献していきたいと考えています。

2008.12.4 旧愛大学長 無為自然Blogより

20081204_2 20081204_1

 

ページトップへ戻る

西予市からのお知らせ

公開済み 記事一覧

Copyright(c)2013 Seiyo Municipal Nomura Hospital. All Rights Reserved.