Home » 総合診療案内 » インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセントようこそ! 西予市立野村病院のホームページへ

インフォームド・コンセントに対する当院の考え

  当院では、診療上のことにつきまして患者様に十分に理解していただくよう心がけております。
ご不明な点がございましたら、各担当職員または医療スタッフまで気軽にお尋ね下さいますようお願い申し上げます。

インフォームド・コンセントとは?

  【Informed-consent】直訳すると説明と同意になりますが、本質は説明による患者様側の理解と同意を意味します。
  患者様が自分の病気とその医療行為について知る権利であり、医療上で重要な意思決定(例:手術を受けるか、薬物療法を選択するかといった意思決定)を行う際に、担当医師から充分な説明を受け、診療スタッフが検討している治療以外の治療法についても(また、治療しない場合も含めて)情報を得て、ご自身の病気について充分理解し、納得した上で診療を受けていただくためのものです。
実際には、検査や手術・治療の説明が多いと思いますが、癌告知や薬剤の安全性に関するアンケート・治療の際にも必要です。
  基本的に、検査・治療・病状説明はご本人にその都度行いますが、「よくわからなかった」「もう一度家族と一緒に聞きたい」「検査や治療を受けなかったらどうなるのか知りたい」などの要望を医療スタッフまで気軽にお申し出下さい。

インフォームド・コンセントの実際(現状)

  インフォームドコンセントは、個人の権利に対する認識が高いアメリカで生まれ、日本でも1980年代半ばから患者様の立場に立った医療を考え、実践していくためにインフォームドコンセントの必要性が認識され始めました。
  しかし、アメリカと日本では医師と患者様の関係が大きく異なり、日本では医師が治療法を選び、患者様がその選択に従うといった依存的な関係が強く、これはインフォームドコンセントの意味する「自己決定権」とは相反します。
  また、患者様本人の許可なしに、医師が患者様本人以外に医療情報を話すのはプライバシーの侵害にもあたりますが、病気や病状如何では医師が患者様本人よりも患者様の家族と話し合って治療法を決めることが時としてあるように思われます。
これは個人主義・個人本位のアメリカと家族優先である日本の文化の違いに因るもので、家族が患者の代理人となる場合にはインフォームドコンセントは成立しなくなってしまいます。

患者さま自身の医師を最優先するために…

  より良い治療を患者様が受けるためには、患者様ご自身が進んで病気や治療法に関する説明を受ける必要があります。患者様ご自身の病気に対する理解を高めるために以下のようなことを確認しましょう。

・病名 ・病気の原因 ・病状がどの段階にあるのか ・処方された薬の作用と副作用 ・治療法に対する長所や短所、後遺症や手術に伴う危険など ・治療法が幾つかある場合には、それぞれの治療期間や治療効果などの説明を受け、
  生活の状況に添った形で最も望む治療法が選択できるかどうか ・治療中や治療後の再発や合併症の有無 ・治療中や治療後の生活の中で気をつけなければならない注意点

などの説明を受け、充分納得した上で治療法を選択しましょう。
  患者様ご自身が治療について積極的に責任を持って決めたという決意が、明確に意思表示されることがインフォームドコンセントを成立させるための鍵だからです。

 

ページトップへ戻る

西予市からのお知らせ

公開済み 記事一覧

Copyright(c)2013 Seiyo Municipal Nomura Hospital. All Rights Reserved.