Home » 総合診療案内 » セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオンようこそ! 西予市立野村病院のホームページへ

セカンド・オピニオンに協力します

  患者様が納得して診療方針を決定し、共に診療を進めていくことが当院の基本的な理念です。
方針を決める上で、主治医以外の意見を聞きたい方もいると思われます。 当院では、そのような考えをお持ちの方のために、必要な資料や検査結果をご用意いたします。遠慮なくお気軽にお申し出ください。
※写真などのデータはコピーしてお渡しすることになりますので費用は場合によりご負担願います。 ※また病状によっては時間的な余裕がなく、ご希望に添えない場合がありうる事をご理解頂きますようお願い申し上げます。

セカンド・オピニオンとは?

  【Second-opinion】直訳すると「第2の意見」になりますが、本来は「主治医以外の医師の意見」という意味になります。
セカンド・オピニオンをとるという事は「医者をかえる」ことではなく、 主治医との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くことを指します。
主治医による診断や治療の説明の他に、他の医師の意見も聞き、納得して治療を受けたい、と思う患者さんは増えてきていますが、医師からインフォーム(説明)を受けても、情報も知識もない患者や家族にとっては治療法の決定をできなかったり不安を覚える場合もあります。
だから「知識を持っている人=専門の医師に相談し、意見を聞きたい」ということになるのは至極当然の事です。つまり、インフォームド・コンセントと、セカンド・オピニオンはお互い併せて考えるべき両翼なのです。

セカンド・オピニオンのメリット

患者様にとっても医師にとっても、さまざまな利点があります。
セカンド・オピニオンをとることで主治医の方針に納得できれば、現状の治療に安心して取り組めますし、別のより良いと思われる治療を選択するチャンスも得られます。また、病気や治療法に関する患者の理解が深まれば、それは結果的に医師との信頼関係を築くことにもなります。
一方、医師にとっては何かを見落としたりするリスクを減らし、より良い治療方針を立てることに役立ちます。
がんや心臓病のように治療法が日進月歩している領域では、セカンド・オピニオンの必要性はより高まります。

まず何をすればよいのでしょう?

 まずは、主治医に申し出ましょう。
セカンドオピニオンは、単純に病院や医師をかえるということではありません。まず主治医に「セカンドオピニオンをとりたいのですが」と患者様のご意思を自身の口から伝えてください。
主治医の協力があれば、情報の共有や医療連携をスムーズにすすめることができます。
 

主治医に対して失礼なのでは?

主治医に対して失礼になるのでは…?と思われるかも知れませんが、その心配はまったくいりません。
インフォームド・コンセントという考え方を理解している医師でしたら、治療法を決定するのは患者様ご自身や家族であることを十分に認識しており、自分の体や病気に関して、少しでも多くの情報を得たいという気持ちは至極当然のことで、アメリカでは医師が診察の終わりに「セカンド・オピニオンをとりますか?」と、尋ねるのは当たり前のことになっています。
患者様を第一に考えてくれる医師なら、必ず理解を示してくれる筈です。

医療の素人が治療法を選ぶことは可能でしょうか?

自分の身体のことですから、疑問点をしっかり聞き、自分で選択する気持ちが大切です。
病気に対する治療法にはどのようなものがあるか、それぞれの治療法にはどのようなメリットやリスクがあるか、それをきちんと知った上で納得して決める事が、その後の人生においても非常に重要なことなのです。

準備することや、注意することは?

◆疑問点は、先に主治医に聞いてから。

あなたの病状を最も良く理解しているのは主治医です。セカンド・オピニオン医に質問する前に、主治医の意見をきちんと聞いてください。

◆紹介状と診療情報をもらいましょう。

主治医に紹介状を書いてもらい、必要ならば病理検査、画像診断、内視鏡検査、血液検査などの診療情報をもらいましょう。それがなければ、もう一度検査をしなければなりません。

◆病気の経過と聞きたいことをまとめておきましょう。

セカンドオピニオンの普及をさまたげる理由のひとつに、受け入れ側の医師や病院の負担が大きいことがあげられます。
 セカンドオピニオン医の負担をなるべく減らすために、これまでの経過や質問事項、それに対する主治医の意見をまとめておいてください。
ページトップへ戻る

西予市からのお知らせ

公開済み 記事一覧

Copyright(c)2013 Seiyo Municipal Nomura Hospital. All Rights Reserved.